top of page

職場の雰囲気を変えたい!率直に意見を言い改善する手法は団体交渉でした!

更新日:2023年10月21日

団体交渉が職場の雰囲気を改善する手段として役立つ事をご存知でしたか?


この葉山夏子さん(38歳 勤続10年 スポーツ用品卸 営業事務職 正社員)のケースは、まさにそんな事例です。


どういった改善がなされたのか?ご紹介します。


一人で入れる労働組合女性ユニオン東京の労働相談


ワンオペ営業事務、職場を変えるために立ち上がる!

社員が10人以下の小さな会社で働いています。営業事務は私一人で、繁忙期はめどがつくまでひとり残業して仕事をしていました。


上司は病気で退職、社長は経営には無頓着でした。


そんな状況を変えたい、社長に社員がどんな仕事をしているかを考えてほしくて団体交渉を申し入れました。


「労働者と使用者が対等に話し合う場」としての団体交渉に、職場をよくしていく可能性があると考えたのです。


まず、タイムカードはなかったので手帳に書き留めていた残業時間、休日出勤時間をもとに残業手当を計算しました。


そして固定残業手当との差額を要求し、支払われました。


そして、社長に残業申請書を提出することにしました。


これによって私がどんな仕事をして、どれほどの業務が一人に集中しているかを社長が考えるきっかけになったのではないかと思います。




上司が変わって職場が変わった

その後1年ほどして社長が変わりました。


次の社長は「職場の禁煙」「セクシャルハラスメントの禁止」を徹底させ、各自の仕事の分担を見直しました。


良くも悪くも、上司が変わると職場の雰囲気も変わります。


社長が定時で仕事を終えて帰るので、私たちも時間内に仕事を終えるようになりました。


そして、無駄な仕事が減った結果モチベーションが上がり、業績もよくなっていきました。



団体交渉は率直な意見を言える場

長く同じ職場に勤める中で、上司が変わったり、嫌がらせがあったり、仕事が過重になったりと様々な変化があると思います。


そのなかで少しでもおかしい、理にかなっていないと感じたら、周りの人やユニオンに相談することをお勧めします。


我慢し続けて体を壊してしまったり、すぐに辞めたりせずに、まずは誰かと一緒に対処できることを考えてみましょう。


団体交渉は恐ろしいことでもなんでもなくて、率直な意見を会社に言える場だと思います。



働く上でのお困り事、相談してください!

日頃の働く上での少しの違和感から、辞めさせられそう!という緊急性の高い事まで女性ユニオン東京の労働相談窓口へご相談ください。


一人で入れる労働組合 女性ユニオン東京の労働相談


◆LINE 火・金曜 19:00~20:30


◆電話 月・水曜 12:00~20:00

電話番号 03-6907-2030


秘密厳守

お気軽に!

女性ユニオン東京のLINE労働相談

閲覧数:18回
bottom of page